« 【うみねこのなく頃に】 この物語はどうせ幻想に決まっています。 | トップページ | 【うみねこのなく頃に】 Episode2 Turn of the golden witch »

2012年6月10日 (日曜日)

【うみねこのなく頃に】 Episode1 Legend of the golden witch

Ep1_batora_beato


エピソード1は最初だけに、登場人物紹介や状況説明が多く、プロローグ的な要素が強い。
フルコースのまだ食前酒とあってか、盛り上がる見せ場も少なく、わりと淡々と進んでいく。

ここだけに限った話ではないけれど、お話がまたとにかく長いのよね。
エピソード1は、引き込まれるように物語が展開していくわけでもないので、わりとダルかった。
なんだかものすごーくモヤモヤした状態で、よくわからないままに時間が経過していく感じ。

この高いハードルを越えられるかどうかで、評価が激変するんじゃないかな。
自分も正直、エピソード1だけに点数を付けるとしたら、50点がいいところ。

操作しなくていいから楽ちんだし、トロフィーねらいだったから継続したけど、
竜騎士07作品をやったことがない初見のユーザーとかには、
まったくわけわからん、もういいわ、で投げ出される可能性は大だと思う。
ちなみに、自分も『ひぐらしのなく頃に』はネタ部分しか知らないので、初体験。


Ep1_maria


エピソード中の疑問点とかについてまとめようにも、まだ始まったばかりだからか、
そもそもヒントになるようなことが全然提示されないので、
この時点ではすべてがようわからん状態。( ゚д゚)ポカーン

なお、ゲームの結果は碑文の内容に沿って第十の晩まであるけども、
2日間で起こった出来事なので、10日間ということではないっす。
同時に死体で見つかった人もいるけれど、表記通りに分けてマス。


1st Game “Legend of the golden witch” Result


【第一の晩】
蔵臼、留弗夫、霧江、楼座、紗音、郷田が死亡。
薔薇庭園の園芸倉庫にて、顔面が損壊した死体で発見される。


【第二の晩】
絵羽、秀吉が死亡。
本館のドアチェーンがかかった部屋にて、死体で発見される。


【第三の晩】
碑文では「残されし者は誉れ高き我が名を讃えよ」なので、
特に死者はなし。


【第四の晩】
金蔵が死亡。
地下ボイラー室にて、焼死体で発見される。


【第五の晩】
嘉音が死亡。
地下ボイラー室にて、犯人とおぼしきものに殺される。


【第六の晩】
源次が死亡。
客間にて、顔面を耕された死体で発見される。


【第七の晩】
南條が死亡。
客間にて、顔面を耕された死体で発見される。


【第八の晩】
熊沢が死亡。
客間にて、顔面を耕された死体で発見される。


【第九の晩】
ベアトリーチェが復活。
彼女はついに黄金郷の扉を開きます。

夏妃が死亡。
魔女は高潔さを讃え、決闘の名誉を賜れました。


【第十の晩】
朱志香、譲治、真里亞は行方不明。
魔女は、存在を認めて平伏した彼らを黄金郷へ招かれました。

戦人は行方不明。
魔女は、存在を認めず否定する彼を黄金郷へ招くでしょうか。


勝者は、黄金の魔女、ベアトリーチェ。
18人の誰も、黄金の謎を解けず時間切れ。
18人は全員死亡。
うみねこのなく頃に、生き残れた者はなし。


  


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

« 【うみねこのなく頃に】 この物語はどうせ幻想に決まっています。 | トップページ | 【うみねこのなく頃に】 Episode2 Turn of the golden witch »

うみねこのなく頃に 〜魔女と推理の輪舞曲〜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【うみねこのなく頃に】 Episode1 Legend of the golden witch:

« 【うみねこのなく頃に】 この物語はどうせ幻想に決まっています。 | トップページ | 【うみねこのなく頃に】 Episode2 Turn of the golden witch »