« PS3の歴史を振り返る(2010年下半期) | トップページ | 新型PS3「CECH-4000」の気になる値段は? »

2012年7月26日 (木曜日)

【みんなでスペランカー】 驚愕の事実!! それは……

スペランカー先生の武器がマシンガンではなく、
ポータブルファン(扇風機)だったということ。

昔からなんでマシンガンを撃って幽霊が消えるんだYO!
とは思ってましたが、この発想はさすがになかった。

「ルパン、ザ、サード」を「ルパン、ルパーン」と思い込んでた人もビックリ。
てか、「ルパンだぞー」派はいろいろとおかしいので、病院に行くことをオススメします。



ただ、どう見ても、このSEとグラフィックはマシンガンなわけですが、
よく考えてみれば、マシンガンで幽霊を倒せるというのもおかしな話。

たかが扇風機を使うだけで己の体力を著しく消耗するというのも謎ですが、
“史上最強の主人公”の呼び声も高いスペランカー先生にとっては、そんなことは些末というもの。

ちなみに「スペランカー(spelunker)」の意味は、「洞窟探検家」。
結果的に役に立っているとはいえ、 扇風機を持って秘宝探しに行くんだから、
その無謀ぶりはお察しください。


いまだに脳内で頻繁にBGMが流れるほど好きな『スペランカー』ですが、
●●年経って、この衝撃の事実を知った時は、
またひとつ大人の階段を昇ってしまったんだなと悲しい気持ちになったものです(遠い目)。


Spelunker_sslminspe08


ということで、前々からまとめようまとめようと思っていた『みんなでスペランカー』。

1985年のファミコン版の発売から24年の時を経て、2009年にまさかの復活。
オールドファンはこぞって、アイレムソフトウェアエンジニアリングの無謀偉業を讃えたものです。

が、その2年後に、アイレムはゲーム事業から撤退(パチンコ以外)を決定。
オンラインでのソフト配信も中止となるなか、
我らが『みんなでスペランカー』はどうなるんだとみながやきもきしたのですが、
開発元の米国Tozai, Inc.の日本法人であるTozai Gamesに権利が移管され、今に至るわけです。


今回、ブログにまとめようと思ったきっかけは、4Gamerに
『スペランカー』の生みの親であるスコット津村氏のインタビューが掲載されたこと。

TwitterでもRTされまくってますが、あまり語られることのなかった『スペランカー』の歴史など、
非常に興味深い秘話満載の内容となっているので、まだ見てない人はぜひチェックを!


ファミコン版「スペランカー」制作者による裏話がここに。
御年70歳,業界歴37年の現役クリエイター,スコット津村氏が振り返るあの頃


Spelunker_sslminspe37


『みんなでスペランカー』は、ファミコン版『スペランカー』をリファインしたダウンロード専用のPS3ソフト。
PS Storeにて配信中で、価格は税込み1200円(アイレム版は2400円)。

基本的にファミコン版を踏襲しているものの、ステージ数が4面から100面と大幅に増えたほか、
巨大な敵や、やり込み要素として石板などのアイテムが追加されている。

タイトルに“みんなで”とある通り、多人数同時プレイがウリで、
オンラインなら最大6人、オフラインなら最大4人で同時に楽しめる。

多人数同時プレイの際は、上の画面写真のように6分割や4分割されるので、
テレビが小さいと、ちょっと見づらいかも?


Spelunker_sslminspe18


グラフィックは、オリジナルのファミコン版を忠実に再現した「クラシック」と、
3Dポリゴンの「リニューアル」のふたつから選べるのが、オールドファンには嬉しい限り。

でも、「クラシック」はホントにファミコン版のままなので、背景が見づらかったりするから、
攻略の際は「リニューアル」をオススメします。

上下の画面写真は同じステージですが、こんなに見た目が違ったりして。


Spelunker_sslminspe21


Tozai Games(米国Tozai, Inc.)がなんだかメチャクチャやる気を出しており、
Tozai Games版の『みんなでスペランカー』には、激ムズなチャンピオンシップモードを追加。
ステージ2以降は、1ステージ200円で順次配信されている。

ちなみに、アイレム版の『みんなでスペランカー』を購入した人は、
無料でTozai Games版をダウンロードできるうえ、
セーブデータとトロフィーも移行できるので、ご安心を。


現在進行形で追加ステージを配信しているということもあり、
オンラインにはまだわりと人がいるので、迷っている人は、YOU! やっちゃいなYO!!

ムズすぎて、ほかのプレイヤーの足を引っ張るから無理って尻込みする人も多いと思いますが、
残念ながら、オンラインに集う猛者どもは基本的にものすごくマゾなので、
そういう初心者を手助けし、うまくゴールまで誘導することに喜びを見いだしております。

残機0の状態で死んでも、時間内にほかのプレイヤーが復活させられるのでOK。

ただし、故意でなければ死にまくるのはいいのだけれど、
リタイアして途中でいなくなるのだけは嫌がられるので注意しましょう。


Spelunker_sslminspe15


『スペランカー』というと、主人公のあまりのひ弱さから“クソゲー”呼ばわりする人もいますが、
これはあくまでもゲーム性であって、世に蔓延するダメなクソゲーといっしょにされても困るのデス。

なお、ワタクシのワーストクソゲーは、PSで発売された、
ディースリー・パブリッシャーの『SIMPLE1500シリーズ Vol.25 THE 競馬』。
1500円どころか100円の価値もない、紛うことなきクソゲーだよ!


© 1983-1984 Timothy G. Martin. © 1985-2012 Tozai, Inc.
Released by Tozai Games, Inc. under license from Tozai, Inc.
Spelunker is a trademark of Timothy G. Martin and Tozai Games is a trademark of Tozai, Inc.
registered or protected in the US and other countries.
このページの画像は掲載が許可されているものです。
画像の複製・再配布を禁じます。


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

« PS3の歴史を振り返る(2010年下半期) | トップページ | 新型PS3「CECH-4000」の気になる値段は? »

みんなでスペランカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36017/55281174

この記事へのトラックバック一覧です: 【みんなでスペランカー】 驚愕の事実!! それは……:

« PS3の歴史を振り返る(2010年下半期) | トップページ | 新型PS3「CECH-4000」の気になる値段は? »