« ブログランキングに登録してみた | トップページ | PS3の歴史を振り返る(2005年−2006年) »

2012年7月14日 (土曜日)

年内には新型PS3「CECH-4000」が登場?

誰もブログランキングをポチらないんではという心配をよそに、
心ある方が押してくれた。ありがとうありがとう。

やはりモチベーションが上がるのです。


で、いろんなとこですでに書かれてるけども、
新型PS3の情報が流れているので、ウチでもネタとしてまとめてみようそうしよう。

なお、現時点ではまだ真偽の程はわからないので、ご注意ください。


すでに7月上旬にアメリカの連邦通信委員会サイトで明らかになっていた
新型PS3「CECH-4000」シリーズですが、それと思しき画像がリークされました。

「CECH-4000」シリーズのラインナップは、以下の3つ?

CECH-4011A:16GB
CECH-4011B:250GB
CECH-4011C:500GB

このご時世に16GBかよ! と思うかもしれませんが、
これはHDDを自分で交換したい人向けの安価版と考えられてます。


これがリークされた「CECH-4011B」と思われる画像。


Cech4011_01

Cech4011_02


こちらが「CECH-4011C」と思われる画像。
ディスク部分の縦の継ぎ目が「CECH-4011B」と違うようにも見えるけど、ちょっとわからず。

Cech4011_03

Cech4011_04

Cech4011_05


[情報元]
tecnoblog


「CECH-4000」シリーズ最大の特徴は、従来までのスロットローディング方式を廃止し、
PSや薄型PS2のようにフタが上に開く形のトップローディング方式に変わっていると思われること。

画像で見るとコの字型になっているので、フタが左にスライドするのかもしれませんが、
いずれにせよ安っぽい……。


また、スリム化された「CECH-2000」「CECH-3000」が正方形だったのに対し、
初期型の「CECH*」と同じ長方形サイズに変わっています。


画像だと、中央部分に横縞が入っているように見え、
前後と中央で光のテカリが違うんだけども、ひょっとしたら素材が違うのかな?
実物を見ないことにはなんとも言えないですが、うーむ……。


現時点では発売時期など詳しいことはまだわかっていませんが、
今年の秋口、遅くとも年末商戦には出してくるんじゃないでしょうか。

気になる価格は、現状の「CECH-3000」が320GBモデルで税込み2万9980円、
160GBモデルで税込み2万4980円だから、以下のような感じ?

いちばん安いモデルで2万円を切るとしたら、なかなかのインパクト。
もう一段階落としてほしいところだけど、さすがにこれ以上のコストダウンは厳しいかなぁ。

CECH-4011A:16GB → 1万9980円
CECH-4011B:250GB → 2万4980円
CECH-4011C:500GB → 2万9980円

※あくまでも予想です。


初期型も現行の軽量スリム型も持ってますが、
現時点での個人的な感想としては、ちょっと微妙。

実物を見ないことにはなんとも言えないですが、なんだろう、この気持ち。
ガンダムに対するジムじゃないサムのような、ザクに対するサクのような、
初めてデスペラードを見た時のような……。((・(ェ)・;))

しかし、これで我がPS3陣営の大勝利は間違いないですな!(投げ槍な締め)


Saku


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

« ブログランキングに登録してみた | トップページ | PS3の歴史を振り返る(2005年−2006年) »

ニュースネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36017/55193498

この記事へのトラックバック一覧です: 年内には新型PS3「CECH-4000」が登場?:

« ブログランキングに登録してみた | トップページ | PS3の歴史を振り返る(2005年−2006年) »