カテゴリー「真かまいたちの夜」の8件の記事

2012年2月10日 (金曜日)

【かまいたちの夜2】 かま2のおもひで

いろいろと思い出深いタイトルである、PS2の『かまいたちの夜2』。

東儀秀樹やパッパラー河合など多数のクリエイターとコラボしたり、
藤原竜也と内山理名主演でTBSとタイアップドラマを作ったり、
チュンソフトは最低でもハーフミリオンを見込んでるような鼻息だったけども、
残念ながら35万本ぐらいしか売れなかったみたい。

売れなかった理由はいくつかあるだろうけども、
まず間違いなく筆頭に挙げられるのはメインシナリオのひどさ。

アレ、●●がシナリオが長すぎるとか言い出して、土壇場でばっさりカットしたんだよね。( ゚д゚)
そんなドタバタもあったので、ご覧の有様だよ、というか内容はお察しください、というか。

まぁ、そんなことがなくても、大勢には影響なかっただろうけどね。(ノ∀`)


そういえば、電波文(正式名称は知らんので仮称)のことを
ITmedia Gamezは“恐怖のバグ”なんて無責任に煽ってたけども、もちろん仕込み。
面白おかしく、いい加減なことを書くなっつーの。

電波文のパターンは、全部で4種類。
100%にして金のしおりを獲得した状態で、新規でシナリオを始めるとランダムで発動する。

オートセーブを利用して一度見たらフラグが消えるので、一回限りの仕掛けという凝りよう。
いつでも見られるように、金のしおり獲得直後のセーブデータを保存してたけど、
データの入ったメモカがいつの間にかどこかへ行ってしまっていた……残念。つД`)

電波文はあまりにもリアルすぎて、予備知識のない人が夜中にでも遭遇したら、マジで怖い。
PSP版にも入ってるのかどうかは知らないけど、
時代の流れで暴力表現やエロ描写が削除されてるから、カットされてるかもめ。


かまネタはこれにて終了。どんどはらい。



 


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

【かまいたちの夜2】 かま2のれびゅう

『真かまいたちの夜』のついでと言ってはなんだけど、
アホみたいにやった『かまいたちの夜2』についてもまとめておこう。

2chの総合スレにあった個人的な評価をまた転載するけど、
前にも書いたように、あくまでもどこのどいつかもわからない人の超個人的な感想デス。

わらべ唄篇…△ 破綻していて2低評価の原因のひとつだがバッドエンドに面白いものが多いので。
底蟲村篇…△ 大変気持ち悪い。行動も不自然だが印象に残る魔力を感じる。たんたんたんを素直に完にしていれば○。
陰陽篇…× 内臓が出たな、ということしか残らない。スプラッタだが話がつまらない。
サイキック篇…× 真理視点で一見わくわくしたが退屈。音楽の良さは認める。
わらび唄篇…○ ギャグ篇として完成いているので、保険証がかなり面白いので喜劇編より上とする。
官能篇…○ ちゃんとエロい。ホモ落ちもよい。
ぼくの青春篇・恋愛篇…△ 一発ネタなのでまあ無いよりある方が。
妄想篇…◎ 出色の出来。コンパクトながらプレイヤーに非常に鮮烈な印象を残した。
惨殺篇…× 血がよく出たな、という程度。蟲はもういい。題名から1のミステリー編の展開を期待したため失望。
洞窟探検篇…○ もうひとつ謎解きのシナリオを用意した意味は大きい。素直なグッドエンドも○。
電波文…△ 怖いのでいいんじゃないでしょうか・・・やりすぎ感もある。


若干、記憶が薄れてしまったけども、自分の評価はコチラ。
このために久しぶりにPSP版をやったみたけど、こんなに文字が読みづらかったかな……。
しかし、東儀秀樹とか使ってるだけあって、音楽はすごくよかったなぁ。

わらべ唄篇…× 普通の人はあれで犯人がわかるの? トリックしかり、いろいろと破綻している。
底蟲村篇…○ 田中啓文の本領発揮というか、いい感じに陰湿でGOOD。
陰陽篇…△ 雰囲気はよく出てたと思うけど、あんまりよく覚えてない。
サイキック篇…△ 真理がサイコメトラーになって進めてくのはよかったけど、これまたあんまり覚えてない。
わらび唄篇…○ アホっぽいギャグが満載。こういうのはわりと好き。
官能篇…◎ 尻を横8の字に振るのはやりすぎだろと思わなくもない……だが、それもいい。
ぼくの青春篇・恋愛篇…○ すぐに終わる一発ネタだけど、そう来たかと当時思った。インパクトあり。
妄想篇…◎ 電波文とはまた違った、マジキチ篇。いろいろと狂ってるけども、みんな大好き!
惨殺篇…△ 名前のとおり、内容はお察しください。ちょっとスプラッター風味すぎ?
洞窟探検篇…○ 少し毛色が違った、地下迷宮探検。謎解きが新鮮だったけど、難しくて攻略サイト見た記憶が。
電波文…◎ 何も知らずにこれが出てきたら、マジでヤヴァイ。このご時世では、もうできないネタかな。


こうして見ると、メインシナリオは論外として、サブシナリオは結構評価が高いなぁ。
総評としては、85点ぐらいといったところだろうか。
くどいようだけど、「官能篇」のこのシーンだけは押さえておきたいところですね(ニッコリ



 


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

2012年2月 3日 (金曜日)

【真かまいたちの夜】 気になる他人のシナリオ評価は?

『真かまいたちの夜』のシナリオ別の個人的な評価が
2chの総合スレにあったので、参考までに転載。

スレにも明記してあるけど、あくまでもどこの馬の骨かもわからない人間の
ものすごーく個人的な感想なので、参考にするかしないかはアナタ次第。

ミステリー編…△ 意外にも結構面白いが真相とクリア後の購入する権利で評価ガタ落ち。
鎌鼬の夜編…◎ これの解決編はある意味必見とも言える。問題出して後日解答というアイデアは良かった。
ポポリン編…× 電波文とひたすら同じ一枚絵で頭が痛い。
ビンゴ編…〇 ビンゴー!しか覚えてないが面白かったような気がする。
スパイ編…× 弾切れED埋め面倒くさい。終盤が微妙。
死神編…〇 雰囲気は好きだが終盤の息切れ感が。
妖怪編…△ 頭が悪いラノベのノリが人を選びそうだがまあそこそこかな。
チュンソフ党編…× いつも以上に意味が分からない。


んー、やはり印象というものは、人それぞれだね。
こういうのは客観的に見られれば、ものすごく面白い。


ちなみに、あらためて自分の評価をまとめると、こんな感じ。
こうして見ると、70点つけただけあって、やっぱりちょっと微妙だなぁ。

ミステリー編…○ きれいにまとまってるし、それなりに面白いと思う。
鎌鼬の夜編…× 解決編と分けて挑戦状とか偉そうなわりに、トリックが微妙。これはない。
ポポリン編…× B級路線をねらいすぎて、いろいろと痛い。読んでてつらいだけだった。
ビンゴ編…△ 可もなく不可もなく。不思議編なので、話の展開もそんな感じ。
スパイ編…△ EDとか水増ししすぎ。ただの作業で、最後の方は正直しんどかった。
死神編…▲ 犯人の動機とか、火サスすぎな気が。○というほどでもないし、△というほど低くもない。
妖怪編…◎ 脱力系のアホっぽさがツボにハマった。サトミのツッコミとスタッフロールは必見。
チュンソフ党編…○ 麻野さん、ガチっすね。言いたいことがいろいろとあるのは、よくわかる。



もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

2012年2月 2日 (木曜日)

【真かまいたちの夜】 プラチナへの道

Shinkama02


基本的にフローチャートで選択肢をしらみつぶしにしていけば、
20時間ほどでプラチナをゲットできるぬるさだけど、
それでも微妙に詰まるところがある。

読了率99%とかで止まったら、以下を疑ってみよう。

よく言われるけども、だいたいの場合「スパイ編」に原因がある。
怪文書は単純に運なので、根気よく戻る・進む・戻るの作業だけ。


■「スパイ編」で手榴弾とポットのあり・なしで進める

自分もこれに引っかかったけど、
手榴弾を持った状態と持ってない状態で玄関へ行くと、
同じバッドエンドへの道でも、テキストが微妙に違ってる。

ポットも同じこと。
ポットの場合は、これプラス下記の弾切れ判定も関係してくるので注意。


■「スパイ編」で麻酔銃の弾切れパターンを全部見たか

いくつかある戦闘のそれぞれで、その戦闘内で全弾外すパターンと、
1発目で弾切れになるパターン(前の戦闘で10発目で当てる)を見る。


■「ミステリー編」で自分を犯人にしたか

フローチャートの「犯人だと思われる人物」は、
基本的にその場にいる人間すべての名字と、それ以外の場合を入力すればOKだけど、
自分の名前「さかまき」を忘れてる場合がある。


■シークレット選択肢をすべて出していない

「スパイ編」「死神編」「妖怪編」には、わざとタイムオーバーになることで出現する
シークレット選択肢がいくつかあるので、単純にそれのチェック漏れ。


ちなみに、前にも書いたけど、
「犯人当て─鎌鼬の夜編─」と「異次元少女ポポリン編」のメッセージは、
トロフィーには関係ないので全部読まなくても問題なし。

ただし、「ミステリー編」のチャートに影響するので、
「異次元少女ポポリン編」自体はクリアしないとダメ。
原稿だけは全部見つけて、追加されていく小説のメッセージは読まなくてもOK。


そういえば、お約束の縦読みは今回もあるよ。

ひとつは、黒のしおりを手に入れた時のメッセージ。
告白、告白と連呼してるけど、誰に告白するのか?

これは金のしおりの入手条件だけど、
攻略サイトで見てクリアしてたら気づいてない人もいるんでは。

もうひとつは、「ミステリー編」終盤に出てくる感動のお手紙。
そこにそんなの仕込んだらあかんがな……。


それにしても、金のしおりはまた内部抗争ネタだったけど、
●●女史への当てつけか! 怖いとこだよ、チュンソフ党は!! ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ



もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

2012年1月28日 (土曜日)

【真かまいたちの夜】 DLCシナリオ追加

「混浴編」と「みゆきとサトミ編」だけだったDLCシナリオに、
新しく「超次元探偵O編」と「犯人当て─魔女審問編─」が追加された。
価格は、いずれも400円。

課金しなかったのでシナリオのボリュームがわからないけど、
ほかのサブシナリオと同じぐらいだとすると、正直高いと思う。

というか値段以前に、本編をプレイしたユーザーから見れば、
シナリオが魅力的に映らないので、みんな買わないんじゃないかな。


そして、「犯人当て─魔女審問編─」の犯人を当てるキャンペーンもスタート。
本編ではやらずに、DLC購入でキャンペーンを行うというのも珍しいんでは。


下衆の勘ぐりで言ってみると、
チュンソフトはもともと現在DLCになってるシナリオ何本か込みで、
『2』と同じぐらいの7000円強で売ろうと思っていた。
DLC4本込みだと、定価6090円+(400円×4本=1600円)=7690円
(Vitaは定価4980円+1600円=6580円)

でも、営業的な判断で、直前になって細かく切り分けした。
当初は発売と連動で考えてたキャンペーンも、
DLC購入の上記キャンペーンに変更した、とか。

これなら、我孫子先生が「混浴編」がDLCになってることを
知らなかったってのも、ある意味納得はできるけど。

まぁ、いずれにせよ完全な憶測なので、わからず。


ただ、本編の時点で、現状のボリュームと価格設定について
大多数のユーザーからはっきりと「No」を突きつけられたので、失敗だったのでは。

ピンクのしおりはあるのに肝心のお色気編はないとか、
「裏切ったな! 僕の気持ちを裏切ったな!」とシンジくんも激昂するというもの。

あの『2』でさえ、尻振りダンスで全国の青少年を歓喜させたというのに!
残念だ、残念でならない……( ´;ω;`)ブワッ



もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

2012年1月26日 (木曜日)

【真かまいたちの夜】 サトミかわいいよ、サトミ

個人的によかったシナリオは「妖怪編」。

後半、展開がわりとgdgdになるんだけど、
ボイス有りのサトミによる合いの手が、ピンポイントでツボにはまった。
サトミかわいいよ、サトミ。

声優のことはまったく詳しくないけども、
『ガンダムOO』のソーマ・ピーリスと同じ人とは思えなかった。

シリーズ初のキャラボイスも、否定的な意見ばっかりだけど、
個人的にはこれもあってよかったんじゃないかな、と。

ただ、ボイスの有り無しがものすごく中途半端なので、
どうせやるのならフルボイスにしてほしかった。

シナリオのボリュームを取るか、ボイス付きの臨場感を取るか。
結局、いろんな部分が中途半端に終わっているので、
もうちょっと本作ならではの色を出して路線を明確にすれば、
ここまで叩かれなかったんじゃないかな。


サブシナリオの話をもうちょっとすると、
「犯人当て─鎌鼬の夜編─」は作者からの挑戦状と銘打ってるけど、
このトリックこそ微妙じゃね?
メインの「ミステリー編」よりも、こっちの方がないわと思った。

「犯人当て─鎌鼬の夜編─」は「解決編」がなぜか別立てになっていて、
公式サイトで発表されるパスワード(p8ts6efrz)を入力するか、
PS Storeでダウンロードするとプレイ可能になる。

しかし、なんでこんな方式にしたのかさっぱりわからない。
公式サイトでやってる「ちょっとおかしなかまいたちの夜や」「かまいたち検定」へ
ファンを無理矢理にでも誘導したかったのか、
PS Storeで少しでもDLCの存在に気づかせるようにしたかったのか。
いずれにせよ、ユーザーのことは考えてないなぁ。


「異次元少女ポポリン編」も架空アニメの原作小説(?)を読むだけなので、正直微妙。
ここは「ミステリー編」で原稿を見つけるとテキストがどんどん追加され、
読み進めるようになるんだけど、この仕組みに気がつかない人もいるんじゃないかな。
原稿を発見したら、フローチャート右端の「異次元少女ポポリン編」をチェックしよう。

でも、「犯人当て─鎌鼬の夜編─」と「異次元少女ポポリン編」のメッセージは、
トロフィーには関係ないので無視してもOK。


DLCをのぞいて、エンディングは全部で61。
そのうち完エンドが7。「ミステリー編」だけ完エンドがふたつあって、
「異次元少女ポポリン編」はそもそも選択肢すらない小説風味なので、
ゲームとしてのエンディングもなし。

これ、エンディングの数だけ見ると結構なボリュームだけど、
「スパイ編」のしょうもない殺され方でかなりの数を稼いでるのよね。
また別途まとめるけども、「スパイ編」はトロフィー獲得の大きな障害となるのデス。



もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

2012年1月25日 (水曜日)

【真かまいたちの夜】 良くも悪くもフツーのミステリー

PS3トロフィーのプラチナねらいでプレイした『真かまいたちの夜』。

Amazonのレビューなんかだと、
これまでのシリーズファンからボロクソに叩かれてるけど、
そこまで深い思い入れのないファンだからか、それなりに楽しめた。

総評としては、100点満点で70点。

ただ、3500円と新品をかなり安く買えたので、
この値段ならと甘めに見ているところがあるかな。

これを定価の6090円とかで買ってたら、
もう少し厳しい点数になるかも。


シナリオは、メインの「ミステリー編」をはじめ、
「ビンゴ編」「スパイ編」「死神編」「妖怪編」「犯人当て─鎌鼬の夜編─」
「異次元少女ポポリン編」の7つ。

『真かまいたちの夜』は、いちおう原点回帰をテーマにしていて、
メインシナリオの「ミステリー編」の舞台は、初代と同じ閉鎖空間のペンション。
この“原点回帰”ってとこが、またコアなファンの心情を逆なでしてたりするのよね。

肝心のシナリオのデキはというと、個人的には可もなく不可もなくフツー。

巷では犯人が丸わかり、ミステリーなのにひねりがなさすぎると散々だけど、
わりとキレイにまとまってるし、ふだんミステリーなんか読まない自分にとっては、
これぐらいならフツーにいいじゃんと思った。

『2』なんか最低なシナリオで、犯人の説得力がまったくなかったYO!


ただ、シナリオ全体としてのボリュームは少なすぎる。
サブシナリオは基本的にすぐ終わるので、さすがにこれはないんじゃないかな。

それと、今回はピンクシナリオがDLCになってるのよね。
これは、いかんでしょ。どんな判断だ。原監督も稲シップもおかんむりだよ。

現時点で「混浴編」「みゆきとサトミ編」がDLCで400円ずつになってるけど、
両方盛り込んで初めて納得のいくボリュームになるぐらいかも。


DLCといえば、我孫子先生が自分の担当したシナリオが
DLC扱いになってたのを発売後も知らなかったのは、さすがに……。

毎回毎回こんなことばっかりやってるから、
我孫子先生のチュンソフトへの不信感が根強くなっていき、
いろんな溝が埋まらなくなっちゃうわけですよね(ニッコリ


長くなったので、またダラダラと続く。



もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

【真かまいたちの夜】 はじめてのプラチナ

Shinkama_banner


パワプロ熱が冷めて、『聖闘士星矢戦記』をひととおり終えた、
ちょうど12月中旬ごろに『真かまいたちの夜』がPS3とVitaで発売された。


初代の『かまいたちの夜』はPSとGBAに移植された時にたしなんだ程度だったけど、
PS2で出た『かまいたちの夜2』は●●で毎月●●を持っていたこともあり、
100%クリアになるまでガッツリやったなぁ。
アホみたいにやったのに、PSPに移植された時もなぜかそれなりに遊んでた。

その後、忘れたころにPS2で『かまいたちの夜×3』なんてのも登場したけども、
そっちは個人的なタイミングもあり、あんましやらず。

シリーズ的には初代が最高で、2がクソ、3がまぁまぁって評価だと思うので、
それを考えると流れに逆行しまくってるな。


Shinkama01


で、『パワプロ2011』を始めたあたりから、
なんだかPS3のトロフィーが気になってしょうがないお年頃に。

『真かまいたちの夜』は基本メッセージを読むだけなので、
トロフィーも取りやすいとまとめwikiにあったので、これはチャンスとばかりにプレイしてみた。

結論から言ってしまうと、約20時間でプラチナをゲット。
メッセージをちゃんと読んでプレイを楽しんだうえでの時間なので、
プラチナ目当てだけでやれば、15時間強ぐらいでクリアできるかも。

これが初のプラチナなので、ちょっとうれしかったから、
記録として残しておこう。

さすがにこれだけだとアレなので、ゲームの感想とかはまた別途更新。


『真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)』 2011年12月17日発売

もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。