カテゴリー「聖闘士星矢戦記」の4件の記事

2012年7月28日 (土曜日)

『聖闘士星矢 ONLINE』公開! 君の小宇宙はまだ燃えているか!?

そういえば、老師に聞いたことがある。
『聖闘士星矢 ONLINE』が中国で開発中だと……。


アテナの聖闘士ならもちろん知っているはずですが、
2011年5月にセガが中国のPerfect World社(完美世界)と提携して、
『聖闘士星矢』をPC向けにオンラインゲーム化することを発表していた。

Perfect World社は、中国でトップクラスのオンラインゲームの開発・運営会社。
セガとしては、Perfect World社とライセンス契約を結ぶことで提携を深め、
中国をはじめとしたアジア各国でゲーム展開をしたいと考えていたのです。

当時発表された内容は、MMORPGということと、2011年内にテストを開始予定ということだけ。
日本でのサービスについても、まったく触れられていなかった。


そして時は流れ、2011年内にテストも行われることなく、
BASTARD!! -ONLINE-』や『ドラゴンボールオンライン』と同じ道を歩むかのように思われたのですが、
7月26日に開催された中国最大のゲームショウ「ChinaJoy 2012」に合わせてPVなどが公開された。



あちらでは「聖闘士」を「圣斗士」と書くのか、タイトルは『圣斗士星矢 ONLINE』
公式サイトにいろいろと情報が掲載されてるので、聖闘士である以上はチェックしよう。

といっても、公開されたのはイメージ的なものが多く、
肝心のゲーム内容についてはいまだ謎な状態。

とりあえず教皇が出てくるから、やはり舞台はいちばん人気の十二宮編っぽい。
しかし、星矢とブラックペガサスの戦闘をPVにするなんて、チョイスが渋すぎだろ……。
ちなみに、星矢は新生青銅聖衣だった。


プレイヤーは架空の聖闘士になるのか、プレイヤーキャラとして星矢とかが何人もいるのか。
そもそも聖闘士は星座を守護に持つ関係で、最大でも88人しかいないのよね。

だから聖闘士なんかじゃなく、聖域(サンクチュアリ)を守る雑兵のみなさんなのか。
はたまた、海闘士(マリーナ)や冥闘士(スペクター)だったりするのか。

夢は膨らみますな!
まぁ、こういうムダなことを考えてる時がいちばん楽しいわけでして。

イメージとしては、こんな感じですかね。


Seiya_on_athena


公式サイトを見ると、「アテナエンジン」という3D技術で『聖闘士星矢』の世界を表現するみたい。
Google翻訳がわりとわかりやすい文章にしてくれたものの、詳細まではわからず。

ゲーム自体のクオリティは高そうなんだけど、気になるのがキャラの顔。

アテナの立ち絵CGは、アニメ寄りでいかにもそれっぽい感じなのに対し、
PVや画面写真のキャラは、少女マンガっぽいというか、人形っぽいというか、ちょっと違和感が。

PVの最初に出てくるアテナや画面写真のムウを見てもらうと、わかるかな。


Seiya_on_sh02

Seiya_on_sh03

Seiya_on_sh01

Seiya_on_sh04


公式サイトには、壁紙のダウンロードコーナーも有り。
こちらは車田イラストかな。かなりカッコイイね。
iPadやiPhone用もあるので、ちょっと使いたくなってしまった。


Seiya_on_ipad_1024x768_3_2


中国ではアニメが放映されていたこともあってか、『聖闘士星矢』が大人気らしい。
オンラインゲームになるくらいだしね。

その人気ゆえか、ゲームショウの会場でも、
アテナの聖衣や射手座の聖衣箱を作って展示するとか、並々ならぬ意気込み。

それにしても、この質感はちょっと本気すぎじゃない?
アテナの聖衣なんか50kgもするみたいだけど、アテナの盾がなくても、実弾ぐらい防御できそうだよ!


Seiya_on_cloth1

Seiya_on_cloth2

Seiya_on_box


そして、会場では限定で布製の射手座の聖衣箱も販売された模様。
限定といっても、トラックに積み込まれていたところを見るに、かなりの数みたいだけど。

しかし、会場でこれを背負ってる奴は、真の聖闘士だよな!
これほどお気軽にできるコスプレも、そうそうないんじゃないか。貴鬼もビックリ。
にしても、ここまでやるなら、ジーパンに赤いTシャツで写真を撮ってほしかった。


Seiya_on_box2


それはさておき、中国といえば、やはり何を置いてもパクリリスペクトが第一。
とあれば、これほどの人気者を中国のみなさんが放っておくわけがありませんよね。(o^-^o)

ということで、『聖闘士星矢 ONLINE』よりイチ早く登場したのが『聖闘士伝説』。

なんだか黄金聖闘士(?)が13人いるのは気のせいでしょうか?

そして、中央に浮いてるのは誰……?
聖衣だけ見ると蟹座なんだが、これはもしや幻の積尸気(ry


Seiya_on_imitation2



[情報元]
『圣斗士星矢 ONLINE』公式サイト



『聖闘士星矢戦記』 2011年11月23日発売


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

2012年3月 3日 (土曜日)

【聖闘士星矢戦記】 聖闘士に同じ技は二度も通じぬ

もはやこれは常識! ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;


『聖闘士星矢戦記』の豪華限定版「黄金戦記BOX」は、サジタリアスBOXに、
「聖闘士聖衣神話(セイントクロスマイス)」星矢の限定ゴールドカラー版と、
同じ色の星矢をゲームで使えるプロダクトコードが入ってた。


Seiya_gentei01


日本では11月23日発売だったんだけど、
海外では『SAINT SEIYA - SANCTUARY BATTLE』として3月16日に発売されるみたい。

で、あちらも限定版を出すようだけど「聖闘士に同じ技は通じない」理論のためか、
日本とは違う内容で2種類あって、同梱物がなかなかスゴイ。

ひとつは射手座の黄金聖衣の頭部付きで、もうひとつは聖衣箱付き。
どっちもTシャツと、日本では予約特典だった射手座星矢のプロダクトコードが付属してる。

英語がさっぱりなのでよくわからないけど、聖衣の方はコレ被れるんだよね?
コスプレしろってことか!?

聖衣箱の方は「聖闘士聖衣神話」用の箱なんだろうか。そもそもフィギュアがついてないけど。
画像をよく見ると、日本のサジタリアスBOXと同じようにも見えるので、
ただの紙製の箱にTシャツとかが入ってるだけかも?


Seiya_gentei02

Seiya_gentei03



『聖闘士星矢戦記』2011年11月23日発売


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

【聖闘士星矢戦記】 車田先生は蟹座になんの恨みがあるというのだ……

Seiya03


のりピー語を自在に操るなど、そのキャラの立ちすぎた活躍で、
全国の初夏に生まれた青少年たちを悲しい気持ちにさせた蟹座のデスマスク。

牡牛座あたりに比べれば非常においしいと思うのは、ほかの星座ゆえの傲りであろうか。
微妙なれども、蠍座で本当によかった……。


Seiya02


みんな大好き黄金聖闘士のみなさんも、「聖域十二宮編」でバッタバッタと倒れてゆくので、
最終的に誰が生き残ったのかをあらためてまとめておこう。

aries牡羊座(アリエス)のムウ      → 最初から味方なので生存
taurus牡牛座(タウラス)のアルデバラン  → 星矢に負けて角を折られるも生存
gemini双子座(ジェミニ)のサガ      → 最後に善の心が勝利してアテナの杖で自害
cancer蟹座(キャンサー)のデスマスク   → 紫龍に敗れて死亡
leo獅子座(レオ)のアイオリア     → サガの幻朧魔皇拳にかかるもカシオスの死で正気に
virgo乙女座(バルゴ)のシャカ      → 一輝に異次元へ飛ばされるも共に生還
libra天秤座(ライブラ)の童虎      → いわゆる老師。戦闘には参加してないので生存
scorpius蠍座(スコーピオン)のミロ     → 氷河に敗れるも生存
sagittarius射手座(サジタリアス)のアイオロス → 13年前にアテナを救うため死亡
capricornus山羊座(カプリコーン)のシュラ   → 紫龍に敗れて死亡(ほぼ相打ち)
aquarius水瓶座(アクエリアス)のカミュ   → 氷河に敗れて死亡(ほぼ相打ち)
pisces魚座(ピスケス)のアフロディーテ  → 瞬に敗れて死亡(ほぼ相打ち)

結局、生き残ったのは、ムウ、アルデバラン、アイオリア、シャカ、童虎、ミロの6人。
童虎は五老峰でハーデスの封印を監視中だから「ハーデス編」までは戦力外なので、実質5人だけ。


原作とアニメだと設定がいろいろと違っていて、
原作はそもそも前教皇のシオン(ムウの師匠で前の牡羊座)をサガが暗殺してすり替わってたけど、
アニメだとシオンとその弟のアーレス(アニメオリジナル)を暗殺し、教皇アーレスになりすましてた。


有名なとこだと、氷河の師匠は原作だとそのままカミュだけど、アニメでは水晶(クリスタル)聖闘士。
名前もない扱いってのがこれまたひどいけど、水晶聖闘士の師匠がカミュ。
おかげで「我が師の師は、我が師も同然!」という迷セリフが生まれることに……。((・(ェ)・;))

とはいえ、これはアニメが原作に追いついてしまい、まだカミュが出てなかったゆえに、
アニメスタッフが取った苦肉の策。これは責められない。

同様に、アフロディーテに殺された瞬の師匠も、
原作だと白銀聖闘士のダイダロスだけど、アニメだとアルビオレ。


あとは、シュラは原作だと教皇の悪事を知りながら加担しててアイオロスに致命傷を与えたけども、
原作だと真逆でアテナに最も忠誠心厚き聖闘士になってたりする。

ちなみに、ゲームはアニメ準拠なので、お察しください。



『聖闘士星矢戦記』2011年11月23日発売


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。

    

2012年3月 2日 (金曜日)

【聖闘士星矢戦記】 君は小宇宙を感じたことがあるか?

Seiya_banner


なぜこの時期にPS3でブッコんできた!? と全国の聖闘士たちを驚愕させた『聖闘士星矢戦記』。
のちにアニメ『聖闘士星矢Ω』がスタートすると判明するも、果たしてどんだけ売れたのだろうか。
続編をぜひ作ってほしいので、それなりに売れたと信じたいが……。


最初はフィギュア付きの豪華限定版を買おうかとも思ったけども、さすがにフィギュアまではいらん。
だがしかし、豪華限定版だけのゴールドペガサスのプロダクトコードは欲しい。

ということで、オクでフィギュアだけがない豪華限定版の新品を6000円で落札。
世の中にはゲームなんかいらんけど、フィギュアは欲しいという真逆の層もたくさんいるわけで、
お互いの思惑が合致してWin-Winになったわけですよ。


肝心のデキはというと、キャラゲーとして、わりとよくできてると思う。

開発会社は、昔からバンダイのキャラゲーをたくさん作ってるディンプス
PS2で出た『聖域十二宮編』と『冥王ハーデス十二宮編』もディンプスが担当。
ゲームバランスとかはさておき、どっちもキャラゲーとしてはそれなりに良作だったんでは。



で、PS3で4年ぶりに戻ってきた『星矢』の評価はというと、85点ぐらい。

わらわらと向かってくる雑兵のみなさんをなぎ倒す爽快感はいいね。
車田先生お約束のやられたら顔から落ちるところとか、
柱に貼り付くように吹っ飛ぶところとかも、バッチリ再現されてます。

黄金聖闘士の聖衣が無駄にピカってるとこもいいね、いいね。なんせ黄金だからな!

原作をリアルタイムで見たアクション下手なおっさん世代でも楽しめるよう、イージー操作も選択可能で、
ボタン連打だけでも多彩な技が出せたりするのも、うれしかった。


Seiya01


悪かった点を挙げると、ゲームモードが少なすぎることかな。

ストーリーモードはメインの「黄金十二宮編」をクリアすると、
「アイオロス編」「アイオリア編」「シャイナ編」「魔鈴編」「一輝編」と出てくるけど、
どれもものすごーく短いストーリーなので、あっという間に終わってしまう。

ストーリーモード以外では、いろんなコースにひとりかふたりで挑むミッションモードがあるけども、
コースは全部黄金十二宮なので、新鮮味がないというか、似たようなのばっかというか。
トロフィーのために全部ランクAでクリアしたけど、完全作業でかなりつらかった……。

PS2の『聖域十二宮編』みたいに、教皇が青銅聖闘士を迎え撃つような
ゲームオリジナルモードとかを入れてほしかったなぁ。


カメラが固定なので、画面外からたまに攻撃されてストレスという声もあるけど、あんまり気にならず。
そもそもキャラゲーなので、そんなとこを気にするゲームじゃないでしょ。

同様の理由で、キャラのバランスとかも個人的にはどうでもいい感じ。
あくまでも無双系のアクションゲームと見る人は、総じて評価が低いかもめ。


声優はアニメ版の旧キャストではないけども、すでに鈴置さんが鬼籍に入ってしまっているし、
これはもうどうしようもない。個人的には、そこまで違和感とかは感じなかった。

それよりも、たまに紫龍が同じ青銅聖闘士に対して
「あなたの戦い方は参考になります」云々を言う時があるんだけど、
同じ熱き血潮の兄弟に向かって、その他人行儀なセリフはないだろ!


あ、あと、エンディングロールの「SAINT SAIYA」だけはない。これはないわぁ。
最後の最後で全部台無し。(´,_ゝ`)プッ



『聖闘士星矢戦記』2011年11月23日発売


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。