カテゴリー「機動戦士ガンダム バトルオペレーション」の1件の記事

2012年8月 6日 (月曜日)

【ガンダム バトルオペレーション】再出撃してみたらなんだか面白かった

Gbo_banner


Gbo_ss01


6月28日からサービス開始した『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』は、
8~12人のプレイヤーが連邦とジオンに分かれて戦うオンラインゲーム。

基本プレイが無料でアイテム課金というスタイルは、
PCではメジャーだけど、PS3では初めての試み。

課金内容が出撃エネルギーの補填とMSのリミット解除だけなので、
DLC商法(笑)と揶揄されるバンダイナムコゲームスにしては良心的な課金形態です。

ただ、まとめ買いなら安くなるけど、出撃エネルギー1個(1回のプレイ8分)で100円というのは、
やり込みたいユーザーにとっては、わりと高め。

このあたりは、お気楽プレイのエントリーユーザーに優しく、
トロフィーをコンプしたいようなヘビーユーザーにはかなり厳しい設定だけど、
もうちょっと課金の幅を持たせるとか選択肢があってもよかったのでは。

とりあえず、出撃エネルギーは2時間で1個貯まる(備蓄は3個まで)ので、
無課金ユーザーでも時間を置けば十分に楽しめます。


■出撃エネルギーへの課金

Gbo_kakin1


■MSへの課金

Gbo_kakin2


■課金内容一覧

Gbo_kakin3


プレイヤーは基本的にはMSのパイロットとして参戦するけども、
ワッパやマゼラ・アタック、61式戦車に乗ったり、
MSを降りて爆弾を設置・解除したり、白兵戦することも可能。

拠点の制圧にはMSを降りないといけないので、わりと白兵戦の機会が多いかな。


Gbo_ss02


ちなみに、『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』の開発元はB.B.スタジオ

あんまりなじみのない名前かもしれないけど、
これはベックバンプレソフトが合併して2011年にできたバンダイナムコゲームスの子会社。

ベックは『機動戦士ガンダム Target in Sight』と『機動戦士ガンダム戦記』も開発してるので、
ゲームの見た目はこのふたつに近いね。


前2作の使い回しができるノウハウがあるためか、グラフィック的にはわりとがんばっていると思う。

上等兵になれば、MSやパイロットスーツの配色を自由にカスタマイズできるし、
ちょっと面白い演出としては、MSの使用頻度によって見た目が変わったりなんかも。

まぁ、バンナムのキャラゲーは張り子の虎みたいなものなので、
いつもグラだけは金を掛けるんだけどね。(・∀・)ニヤニヤ


Gbo_yogore


※以下、ようやく一等兵になれた程度の新米パイロットの雑感です。
 我ながら薄ぼんやりとした具体性に欠ける内容なので、ご注意ください。

サービス開始と同時にプレイしたんだけど、当初はマッチングの時点でエラーが頻発。
人数が埋まったからルームに入れなかったとか回線の問題とかじゃなくて、システムエラー。

リアル系のアクションなんだけど、ゲーム内容としても正直微妙に感じた。
アクション下手なのも相まって、あんまり楽しくないし、2chでもクソゲーと叩かれてたり。

このへんは、下手な鉄砲を数打っても当たらない、向上がまったく見られないのが
平常運転のガンダムゲーの世界とあって、またいつものことかと思ったものです。

そして、速攻でこれはアカンとクソゲーの烙印を押して、戦線離脱。


Gbo_ss03


で、トロフィーのゲットを兼ねて気まぐれに最近また再開してみたんだけど、
久しぶりにやってみたら、マッチングはサクサク快適だし、なんだか面白く感じた。

更新情報を見たら、わりとまめにアップデートされていて、どうしたバンナム! というやる気ぶり。
ひょっとしたら、みんなガッチリ課金してウハウハだったりするんだろうか……?

あくまでも個人的な印象だし、面白く感じたのがアップデートの影響かどうかもわからないけど、
開始当初はジムとザクIIしかいなくて、マップも山岳地帯だけだったせいもあるのかな?

元の印象がわりと最悪だったから、やること、やれることの自由度が広がっただけで、
必要以上に面白く感じたのかもしれない。

当時はMSの選択肢がほとんどなかったので、まったくわからなかったけど、
汎用、格闘、支援と、いろいろなMSに乗ってみると、機体の性能差もよくわかって、
それなりに機体に合わせた戦い方できるように(なった気がする)。

今は同系統含め30機以上と、MSのバリエーションがかなり広がってた。
ガンダムやゲルググみたいな最新鋭機が敵で現れたりなんかした日には……。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

それにしても、ズゴックEとかカッコ良すぎるので早く乗りたいんだけど、
水中マップがないのに大丈夫でしょうか……。


もちろん、良いとこばかりではなく、悪いところも。

そこまでものすごくプレイしたわけではないのでアレだけど、
気になったのは、ゲームとしてのルールがポイント制ひとつしかないので単調になりがちな点。

それと、階級が全然上がらないということ。
トロフィーの難易度レビューにもあるけど、トロフィーコンプまでの道のりはかなりヤバそう。

しかも、そこまで苦労して制覇してもプラチナがないという……。
“ある意味で「一年戦争」を完全再現”というコメントがすべてを物語ってるかな。


こんな感じでオススメというには程遠いかもしれないけど、気分転換にはちょうどよいので、
初めての人や自分と同じく最初だけやって断念した人もあらためてプレイしてみては?

ただし残念ながら、無線LAN環境や低速度回線の人にはオススメできません。

いつまで経っても始まらなかったり、ラグがひどかったりと、ゲームが非常に不安定になってしまい、
ほかのプレイヤーに多大な迷惑を掛けるので、最低でも有線接続が望ましいかな。

だから、通信状態のアンテナが3本以下の人はホストプレイヤーにキックされたりするんだけど、
そういう人に限って、かなりの確立で自分がアンテナ2本とかなのは気のせいでしょうか……。

※8月11日追記
マッチングがサクサク快適とか書いたけど、数こなしてると、やっぱり問題が。
人が立てた部屋に入ったのに誰も表示されずフリーズ状態(PS3自体は生きてる)とか何度も有り。



『機動戦士ガンダム戦記』 2009年9月3日発売


『機動戦士ガンダム Target in Sight』 2006年11月11日発売


もしも記事内容が満足のいくものでしたら、ポチッとお願いします。